RIZAPの入会方法

RIZAP(ライザップ)の入会条件は?入会資格と入会待ちについて解説します

ライザップに今すぐ入会したいと考えている方はちょっと待ってください。入会前に気をつけておきたいのがライザップには入会条件があるという点です。

この記事ではライザップの入会条件である「入会資格」についての解説と、「入会待ち」の状況について解説させていただきます。

RIZAP(ライザップ)の入会条件

入会資格について

ライザップに入会するためには、ライザップメンバーズクラブ会員会則で定められた「入会資格」を満たしている必要があります。

入会資格には以下のような10の項目があります。

また、その中でも特に重要と思われるものには黄色い下線を引いていますので、最低限ここだけはチェックしておきましょう。

  • (1)各会員区分において会社が別途定める資格に該当する方。
  • (2)本会則及び「個人情報保護方針」に同意した方。
  • (3)満16歳以上の方。但し、満20歳未満の場合は入会時に親権者の同意が必要となります。
  • (4)本クラブの諸施設の利用に堪え得る健康状態であることを会社に申告いただいた方。
  • (5)医師等から運動、入浴等を禁止されていない方。
  • (6)伝染病その他他人に伝染または感染するおそれのある疾病に罹患していない方。
  • (7)妊娠していない方。
  • (8)反社会的勢力の関係者でない方。
  • (9)過去に会社より除名の通告を受けていない方。
  • (10)過去に30日間全額返金保証制度の適用を受けていない方。

妊娠されている方や健康状態に問題がある方、過去にライザップの返金を受けたことがある方は入会できないということですね。

健康状態に特に問題がない方であれば、入会資格は満たしていると思います。

もしも、健康状態等に不安な点がある場合は、カウンセラーが入会可能か判断してくれますので、無料カウンセリングの場で相談するようにして下さいね。

入会待ち状況とは?

ライザップでは店舗によって入会待ちが発生している状況であることも注意が必要です。

ここでいう「入会待ち」とはライザップに入会を希望する人が多く、順番待ちをしている状態のことを言います。

ここ数年で、テレビCMやメディアへの露出によって、知名度が爆発的に上がっており、それだけ入会を希望する方も増えているんですね。

特に、東京都内の店舗や夜の時間帯は入会待ちが発生しやすく、場合によっては1~2ヶ月待ちということもあり得ます。

もちろん、そういった入会待ち状態を解決するためにライザップの店舗は増えているのですが、人気の店舗ではすぐには入会できないかもしれないということを頭に入れておきましょう。

まとめ

ライザップの入会資格と入会待ちについての解説まとめでした。

今後も入会希望者が増えれば増えるほど、入会待ちの期間が長くなってしまうので、入会を希望されている方は早めに「無料カウンセリング」を受けることをおすすめします。

なお、ライザップへの入会方法についてはこちらの記事「【超まとめ】RIZAP(ライザップ)に入会する方法を3stepに分けて解説します!」に詳しくまとめています。合わせて参考になさってください。

【超まとめ】RIZAP(ライザップ)に入会する方法を3stepに分けて解説します!ここではRIZAP(ライザップ)への入会方法をご紹介します。 入会方法といっても、まずは無料カウンセリングから入りますので、とって...

RIZAPの公式サイトはこちら