RIZAPの基礎知識

RIZAP(ライザップ)のトレーニングメニューの詳細まとめ【内容・時間・1日の流れ】

「ライザップではどんなトレーニングをするの?」というのは一番気になる疑問だと思います。

この記事ではライザップで行うトレーニングの内容やトレーニング頻度に関してまとめてみました。

ライザップでは個人個人に合わせたプログラムを組むため、全ての方が同じトレーニングメニューというわけではありませんが、概要をイメージしていただければと思います。

ライザップのトレーニングとは?

筋力トレーニングが中心

ライザップでは自体重・ダンベル・バーベルなどを使用した筋力トレーニングを主に行います。

ダイエットといえばジョギングなどの有酸素運動をイメージされるかと思いますが、ライザップでは無酸素運動を行うというのがポイントですね。

ダンベルやバーベルといった器具を使用するトレーニングというと、初めての方は不安に思えるかもしれませんが、専属トレーナーが一からアドバイスしてくれるので安心できますよ。

トレーナーとマンツーマンが重要

「筋トレなら一人でも出来るんじゃないか」という方もいるかもしれませんが、トレーナーとマンツーマンであることは非常に重要です。

例えば、10回3セットのスクワットをしている時に、10回を過ぎたあたりから「あと3回だけ行ってみましょう。」といった追い込みをしてくれるんですね。

この「追い込み」が筋肉を鍛える上で重要なのですが、自分一人でトレーニングをしているとなかなか出来ないことだと思います。

そんな時にライザップでは、トレーナーの力を借りることで、より効果的なトレーニングが行えるというわけです。

また、一人一人の身体の傾向を見抜いて、それぞれに合わせた仕様や姿勢を考えてくれるのもマンツーマンでトレーニングすることが重要である点だと言えますね。

トレーニング頻度は週2回

ライザップでのトレーニングは1週間に2回と決まっています。

この週2回というのには理由があるんですね。

正しく筋力トレーニングを行うと筋肉は必ずダメージを受けて、回復のために成長ホルモンが分泌されます。

ホルモン分泌の効果を最大限引き出すためには24時間~48時間の休息が必要だと言われており、筋肉の回復が追い付かない状態のまま筋トレを再度行うと思い通りの効果が期待できない上に、怪我の原因にもなってしまいます

ライザップはこのサイクルに基づき、一人一人の状態に合わせたトレーニングを設計しているというわけです。

トレーニング時間は50分

初回カウンセリング以降のトレーニングは、1回あたり50分のトレーニングを週2回行います。

50分というと短く感じるかもしれませんが、効率的にトレーニングを行うことで、短時間でも大きな効果に期待することが出来るんですね。

トレーニングは手ぶらでOK

ライザップではトレーニング時に必要なトレーニングウェアやタオル類、ミネラルウォーター、各種アメニティも無料レンタルサービスがあります。

トレーニング用に新しく購入する必要がないのは嬉しいですね。トレーニングシューズだけ用意すればOKです。

ライザップに必要な持ち物は?トレーニングウェアはレンタルできるの? このようなお悩みにお答えします。 この記事ではライザップに通う際に持っていく持ち物についてまとめています。 入会前に...

1日のトレーニングの流れ

1日のトレーニングの流れを簡単にご紹介しますね。今回は上半身を中心に鍛えるトレーニングの場合を例として挙げています。

1.準備運動

まずは準備運動から始めます。

2.ベンチプレス

ベンチにあおむけに横たわり、バーベルを上げる運動です。上半身を鍛える代表的なトレーニングです。

3.ショルダープレス

ダンベルを肩の辺りに構え、頭上まで持ち上げるトレーニングです。肩の筋力アップに効果的です。

4.フレンチプレス

バンザイの体勢でダンベルを持ち、肘を曲げる運動です。二の腕のスタイルアップを目指すトレーニングです。

5.腹筋(サーキットトレーニング)

3~4種類の腹筋運動を連続で行なうトレーニングです。一人で行なう腹筋運動との効果の差は歴然です。

6.トレーニング終了

ライザップのトレーニング内容まとめ

ライザップで行われるトレーニングについてのまとめでした。

ポイントは以下の3点ですね。

  • トレーニングは無酸素運動(筋トレ)
  • トレーニングは1回50分を週2回
  • トレーナーとのマンツーマンで効率的に

一人一人に合わせた効率的なトレーニング方法を学びながらトレーニングができるため、一生役立つ経験や知識を得ることができるのが大きなメリットと言えるでしょう。

RIZAPの公式サイトはこちら