RIZAPの基礎知識

RIZAP(ライザップ)のデメリットは?登録前に確認したい3つの注意点

マンツーマンのトレーニングで「結果にコミット」を全力で手助けしてくれるライザップには、しっかりとしたトレーニング方法や食事管理指導、充実したアフターフォローなどメリットはたくさんありますが、その反面、どうしてもデメリットにあたる部分はあります。

ライザップを始めてみてから「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、しっかりとRIZAP(ライザップ)のデメリットを確認しておきませんか?

RIZAPのデメリット|注意点まとめ!

RIZAP(ライザップ)に関するデメリットとしては以下のようなものがあります。これらデメリットの詳細や対処法に説明をしていくことにしますね。

[memo title=”RIZAPのデメリット”]

  1. コース料金が高い
  2. トレーナーの予約が取れない場合がある
  3. トレーナーと相性が合わない可能性がある

[/memo]

 

コース料金が高い

一番大事なポイントがコース料金ですね。ライザップでは2ヶ月間の通常コースで入会金が50,000円、コース料金が298,000円となっています。

確かに、普通にトレーニングジムを利用して自主的に鍛えることを考えると、とんでもない金額だと思いますよね。

しかし、ライザップは一般的なジムとは違い、「トレーナーとマンツーマン」、「徹底した食事管理指導」、「完全個室でトレーニング」といった大きな利点があるため、決して高すぎるということはありません。

ライザップに通っている方の口コミを見ても、料金面ではあまり不満を見かけないのがその証拠ですね。

つい、だらだらと成果の無いダイエットを続けてしまうよりも、専門家の的確なアドバイスのもと効果的なトレーニングが出来るということは何倍もの価値があり、その価格以上に満足できますよ。

 

トレーナーの予約が取れない場合がある

ライザップでは完全予約制を導入しているため、平日の18時から20時のようなサラリーマンやOLが多い時間帯は混み合います。

そのため、トレーナーによっては予約が取りづらいこともあるんですね。

ただし、1週間ごとに翌週の予約を取っていくことがほとんどなので、2週間先であれば確実に予約できますし、翌週でもほとんどの場合は予約可能なので、あまり気にしなくても大丈夫だと感じました。

入会時にあらかじめ希望を聞いてくれた上で調整してくれるので、そこまで心配する必要もないと思います。

 

トレーナーと相性が合わない可能性がある

これはライザップに限らず、どこのパーソナルトレーニングジムでも同様の問題ですが、トレーナーと相性が合わない場合もあります。

特にライザップの場合は専属トレーナーがマンツーマンでサポートを行うので、トレーナーとの相性はとても重要です。

実際にライザップを利用した方の意見をみても、トレーナーと相性が大事であることが多く挙がっていました。

ただ、ライザップでは、トレーニング知識や食事指導の技術だけでなく、利用者を支え続けるコミュニケーション能力に重きを置いて採用されたハイレベルなトレーナーが在籍しているので、心配はいらないと思います。

また、もし相性が悪いと感じた時にはトレーナー変更も可能なので、その点は安心できるかなという印象です。

 

RIZAPのデメリットと対処法|まとめ

  1. コース料金が高い
  2. トレーナーの予約が取れない場合がある
  3. トレーナーと相性が合わない可能性がある

 

RIZAP(ライザップ)を始める上でのデメリットとその対処法については以上です。

ライザップは確かに素晴らしいサービスですが、料金が高いことも事実です。お金に余裕のある方にはライザップがおすすめなのは間違いないですね。

RIZAP(ライザップ)を始める前にこれらの注意点を思い出して、後悔しないか前もって確認してくださいね。

RIZAPの無料カウンセリングはこちらから