RIZAPの食事

RIZAP(ライザップ)の糖質制限中に飲んでもいいお酒(アルコール)のまとめ

ライザップというと、食事制限が厳しいことで有名ですよね。

糖質制限はダイエットには欠かせないのですが、その際にお酒は飲んでもいいのか?ということはとても重要なポイントだと思います。

そこでこの記事では、ライザップで行われる糖質制限中でも飲んでOKなお酒についてまとめてみました。

これから糖質制限ダイエットを始める方や、すでに始めている方などは参考にしてみてくださいね。

OK・NGまとめ

飲んでもいいお酒は以下の通りです。

  • 糖質ゼロビール
  • 焼酎
  • ウイスキー

飲んではいけないお酒は以下の通りです。

  • ビール
  • ワイン
  • 日本酒
  • 果実系カクテル

糖質制限中にお酒(アルコール)は大丈夫?

糖質ゼロビール・焼酎・ウイスキーは飲んでも問題ない

ライザップで行われる糖質制限では、全てのお酒がNGというわけではありません。

糖質ゼロビールのような炭水化物(糖質)が控えられているお酒は飲んでも問題ないことになっています。

糖質ゼロビールなどは多くのメーカーから販売されているのでおすすめです。本格焼酎のお湯割りや水割り、ソーダ割りなどもいいですね。

ビール・ワイン・日本酒・果実系カクテルはNG

これらのお酒は炭水化物(糖質)を多く含んでいるためNGとなっています。

糖質制限中のお酒に関するよくある質問

お酒を飲むとダイエットの効果が薄まってしまう?

上記のように飲んでも問題ないお酒はありますが、ダイエット中は「お酒はやめたほうがいい」のは間違いないです。

理由としては、ライザップではトレーニングで筋肉を鍛え、タンパク質の多い食事をとることによって、筋肉を強化し、基礎代謝の良い体を作ります。

そして、タンパク質を分解して筋肉を生成するのに大切な役割を果たすのが肝臓です。

お酒(アルコール)はこの肝臓に負担をかけてしまい、筋肉を生成する妨げになってしまいます。

その結果として、ダイエットの効果が薄まってしまうわけです。

ライザップではお酒は制限されるのか?

実際にライザップの食事指導では、「ダイエット期間中は、やめたほうがいいです。」とのことでした。

お酒が好きな方には辛いかもしれませんが、ライザップに通う2ヶ月間は禁酒するのがベストということですね。

禁酒は難しいという場合は、糖質制限中でも飲んで大丈夫なお酒を飲むようにしましょう。

また、トレーニングをした日などは筋肉の成長を妨げないためにも、お酒は控えたほうが良さそうです。

ライザップが終わったらお酒はどうなるの?

上述のとおり、ライザップに通っている間は飲めるお酒に制限がかかります。

では、ライザップが終了してもお酒の制限を続けるように指導されるのかどうかという点ですが、もちろんそんなことはなく、卒業後は自由に好きなお酒を飲むことができます。

ライザップに通っている2ヶ月間だけは、ビール・ワイン・日本酒を控えるようにすればOKということですね。

飲み会ではビールや日本酒は控えるようにしよう

社会人の方にとっては、避けては通れないことも多いのが「飲み会」ですよね。

食べ物に関しては、鳥料理やサラダなど、糖質の低いメニューで対応できますが、ビールや日本酒は控えるしかありません。

どうしてもアルコールが欲しい場合は、糖質ゼロビール・ウイスキー・焼酎、などの糖質の低いお酒を飲むようにしましょう。

ウイスキーをソーダで割ったハイボールなどがおすすめですね。

糖質制限中の居酒屋でのおすすめメニューについては以下の記事でまとめていますので、参考にしてください。

RIZAP(ライザップ)の糖質制限食事マニュアル【居酒屋編】このページではライザップで行われる低糖質食事法(糖質制限)中に役立つ食事マニュアルを掲載しています。 ライザップ中の方や、糖質制限...

まとめ

ライザップで行われる糖質制限中のお酒に関するまとめでした。

お酒がお好きな方や、飲み会などが日常的にある方にとっては、「お酒は一切NG」では厳しいものがありますよね。

その点、ライザップではお酒をたしなみながらダイエットが出来るので、これも始めやすく、続けやすい要因のひとつかなと思いました。

RIZAPの公式サイトはこちら