RIZAPの食事

RIZAP(ライザップ)の糖質制限食事マニュアル【居酒屋編】

このページではライザップで行われる低糖質食事法(糖質制限)中に役立つ食事マニュアルを掲載しています。

ライザップ中の方や、糖質制限ダイエットを行なっている方で、会社の飲み会等で居酒屋に行くときに参考にしてくださいね。

ライザップの糖質制限

ライザップで行われる糖質制限のポイントは下記の通りです。

  • 糖質の多い食材をオフにする(食べないようにする)
  • タンパク質が多い食材を中心にする(肉・魚介・大豆製品・葉物野菜を中心に食べる)
  • サラダや食物繊維を食べる
  • 食事の量は「朝3:昼5:夜2」

これらのポイントを抑えつつ、食事メニューを考えていきましょう。

 

居酒屋で気をつけることとは

糖質制限中に飲んでもいいお酒

ライザップで行われる糖質制限中でも、全てのお酒がNGというわけではありません。

糖質ゼロビールのような炭水化物(糖質)が控えられているお酒は飲んでも問題ないことになっています。

糖質ゼロビールなどは多くのメーカーから販売されているのでおすすめです。本格焼酎のお湯割りや水割り、ソーダ割りなどもいいですね。

[memo title=”飲んでもいいお酒”]

  • 糖質ゼロビール
  • 焼酎
  • ウイスキー

[/memo]

[alert title=”飲んではいけないお酒”]

  • ビール
  • ワイン
  • 日本酒
  • 果実系カクテル

[/alert]

 

飲み過ぎは厳禁

上述のような糖質ゼロビールやハイボールはライザップ中に飲んでも構わないのですが、飲み過ぎは厳禁となります。

アルコールを多量に摂取することで肝臓を弱めたりするほか、アルコールには利尿作用もあるので、必要な水分が奪われるというマイナス面もあるんですね。

また、トレーニングをした日などは筋肉の成長を妨げないためにも、お酒は控えたほうが良さそうです。

 

糖質制限中の食事メニュー【居酒屋】

食べてもいいメニュー例

[memo title=”OKメニュー”]

  • 焼き鳥
  • 焼き魚
  • 刺身
  • ステーキ
  • だし巻き
  • サラダ
  • 豆腐料理
  • あらびきソーセージ
  • 青菜のお浸し
  • 漬物
  • 厚揚げ
  • 枝豆

[/memo]

焼き鳥やお刺身、枝豆などの居酒屋の定番メニューは食べてもOKなんですね。

サラダや豆腐料理なども、居酒屋には豊富なので、食べるメニューに困ることはなさそうです。

 

気をつけたいメニュー例

[alert title=”NGメニュー”]

  • ご飯もの(チャーハン、お茶漬け、等)
  • 麺類
  • パン
  • ポテトサラダ
  • フライドポテト
  • ピザ
  • バターコーン

[/alert]

ご飯や麺類、パンなどの主食には糖質がたっぷり含まれているのでNGとなります。

また、食材自体はOKでも、添えられる調味料や調理方法によって糖質が高くなることもあるので、気をつける必要があります。

 

まとめ

居酒屋ではビールや果実系カクテルなどのアルコールは避けるようすればOKを覚えておきましょう。

食べ物に関しては単品で注文できることが多いので、ライザップなど糖質制限中でも問題なく利用できそうですね。

糖質ゼロビールやハイボールで乾杯して、お肉や魚料理を食べて飲み会を楽しんでください。

RIZAPの無料カウンセリングはこちら

RIZAPの食事指導について詳しくみる

無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら